今日のツイート

ソニー、電子書籍リーダーの新モデル発表 日本でも発売へ - ITmedia News

というわけで出ました、新「Sony Reader」。「E Inkの新型電子ペーパー『Pearl』を採用している。Kindle新モデルにも採用されている技術で、従来よりコントラストが50%向上している。また、3つのエディションすべてにフルタッチスクリーンを導入した」。

iPadのように、指でスライドしてページをめくれるのはやっぱり便利だと思う。さらに、スライドした指をそのままにしておくと、どんどんページをめくれる由。それはいいね。

Twitterクライアントソフト「Saezuri」がいい感じ

おとといの「クローズアップ現代」はTwitter特集だった。タイムライン(TL)とリツイート(RT)の説明がうまくて、さすがと感心。

Twitterクライアントソフトとして、MacではEchofon for Macを使っている。同じような使い心地のWindows用クライアントとして今までは「twhirl」を使ってきたのだけれど、これは開発が終了しておりリストや公式リツイートに非対応だったりでちょっとつらい。そこで探して見つけたのが「Saezuri」。twhirl同様Adobe AIRアプリなので、AIRが動く環境ならMacLinuxでも使える。

自分に必要な必要最低限の機能があり、それでいてデザインはシンプルで無駄な面積を取ることもなく、いいあんばいだ。

そういえばこれ、リツイートされたツイートをチェックできるとうれしいなあ。(http://www.playwell.jp/trac/Saezuri/wiki/TODOの「未定」に上がっている。ぜひ!)それから、URLを短縮するキーボードショートカットがあるとマウスに手を移動する必要が減って便利かも。

クライアントソフトを探すのに参考にしたページ

BIGLOBE、美大生ら若手作家のオリジナル漫画を国内外に配信 -INTERNET Watch

マンガ家を美大で発掘というのは、近道なようでいて遠回りなんじゃないかなあ。コミティアみたいな創作系同人誌即売会がよさそう。

モリサワ、電子書籍ソリューション「MCBook」iPad版を10月にリリース | クリエイティブ | マイコミジャーナル

文藝春秋社がiPad対応版「MCBook」を先行採用、電子書籍版の綿矢りさの『勝手にふるえてろ』(1000円)と米澤穂信の『インシテミル』(600円)は、iPhone/iPadの両対応版で出たとのこと。

↑の記事によると、iPhone/iPad版には著者からのビデオメッセージが収録されている由。

勝手にふるえてろ

勝手にふるえてろ

インシテミル (文春文庫)

インシテミル (文春文庫)

丸善、電子書籍で中国企業と提携発表 まず10月にマンガ配信   - SankeiBiz(サンケイビズ)

中国の「北大方正集団グループ」と提携。「3年後に50万点、5年後に65万点の電子書籍を両国で配信」とのこと。

hon.jp DayWatch - 電子書籍フォーマットに関する調査レポート「電子出版文書フォーマット技術動向調査報告書」が9月7日に発売

こちらです。71400円!

電子出版文書フォーマット技術動向調査報告書2010-2011 (CD+冊子)

電子出版文書フォーマット技術動向調査報告書2010-2011 (CD+冊子)

電子書籍の書籍の新刊

9月1日発売

電子書籍の作り方ハンドブック―iPhone、iPad、Kindle対応

電子書籍の作り方ハンドブック―iPhone、iPad、Kindle対応

9月3日発売

GoodReaderパーフェクトブック

GoodReaderパーフェクトブック